<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
誇り高き変人B型
最近はまっている

B型によるB型のためのB型の研究

ブログ友であり、B型友であるまめママさんのブログから見つけたもの。
暇があれば眺めております。

ヴァカは相手に致しません最初の一目でわかります

ふふふ
わかるわかる
このバカをヴァカと表現するところ
わたしもそうです。イヒヒ
しかし今年は妊娠出産と、
外に出て人と接する機会がほとんどなかったので
感覚が鈍ったかなぁ

こんなサイトを作っちゃうところがB型で
他の血液型の人には理解しがたいところなのでは?

オットは優柔不断なA
ユウは支離滅裂なAB
さてさてリョウは何型なのかしらねぇ
* 21:24 * comments(2) * trackbacks(0) *
秋の公園にて
最近とても過ごしやすい。
暑くもなく寒くもなく、1年中こんな気候ならいいのにな〜。
そんなんで、ユウが帰ってきてから公園に行きました。
我が家から歩いて2、3分の公園が2つあります。
A公園と、B公園
A公園は、遊具が少なく砂場がメイン。
そのため2、3歳児の子が母親と一緒に来ています。
B公園はアスレチック的な遊具と山があり、幼稚園年長〜小学生が子供だけで遊びに来ます。
最近は、B公園ばかり行っていましたが、昨日は久しぶりにA公園へ行ったところ。

見かけない若いおかあさんグループが来ていました。

A公園は、ユウが歩けるようになってから、幼稚園に行くまで
本当に毎日のように行っていました。
近所のママ友達ともそこでたくさん知り合うこともできました。
が、なんだか世代交代を感じました。

最近の20代のママ達は、おっされ〜です。
抱っこ紐も、はやりのあの布をグルグル巻いたやつだったり
ミニスカートをはいていたり
子供たちもなんだか素敵な「お洋服」を着ていました。

先日TVで、今年になってから出生率がわずかに上がってきた
という話題をとりあげていました。
理由として
・景気の回復を女性達は微妙に感じている
・おしゃれで若い同世代ママ有名人の登場
・30代20代女性の子育てに対する価値観の違い
等がありましたが、納得ですな。ノーノー
やはり、私たち30代世代は「子育て=女性はリスクを背負う」
と考えてしまいます。
でも、多分若い世代は自分の今までのスタイルを変えないで子育をする。
んでしょうね〜
産院でも、ミニスカート、ピンヒールの妊婦が多く
妊婦になったら、ペタンコ靴にゆったりスカート、下半身はしっかり暖めて
という私は
「オイオイ、だいじょ〜ぶ」
と思ってしまいますが、普通に健康な母体であれば、いつもどおりの生活のままで大丈夫なのでしょうね。
何はともあれ、子育てを身構えず、
楽しく子育てをすることはいいことだと思います。
私も二人目なので、若い子を見習い
きらく〜にやっていこうと思っています。
ただ、そんな若いママ達ばかりの公園に私の居場所はあるのかしら悲しい




* 11:33 * comments(1) * trackbacks(4) *
オットの親友
オットの親友が「整体院」を開院してから、早2年経とうとしています。
「ブログ面白いよ〜〜、宣伝もできるし」
と誘って早1年、やっと彼もHPとブログを始めました。

スポーツクラブのインストラクター、
スポーツチームのトレーナー、を経て
体の不調に悩む人々を救うべく「整体院」を開院したのであります。
運動神経抜群のスポーツマンらしい、精悍な顔立ち
若い頃はV6の岡田君に似ていると言われたこともありました。ひやひや

パソコンをいじっていると、肩こりに悩む人もいると思います。
その辺のアドバイスなんかもブログに書いていきたいとのこと。
リンクに追加しましたので
もしよかったら、遊びに行って下さい。

「からだ整体院」

オットと付き合ってからなので、もう彼とは10年以上の付き合いになります。
色々書きたいネタがあるのですが、怒られそうなので今日はこの辺で・・・
気さくないい奴です。ラッキー

* 21:03 * comments(2) * trackbacks(0) *
最近のハラハラ
一人で子供を外に遊びに行かせるのは何歳から?

そこそこの環境にもよるけど、
私が住んでいるところは、一応札幌近郊の住宅地
建築中の住宅も有り、トラックや重機も通っています。
大型スーパーができ、交通量も
札幌に比べれば全然少ないですが
そこそこ、人の流れもでてきました。
外部から来る人もいます。

幼稚園年少(3才,4才)で、一人で外で遊んでいる子がいるんです。
幼稚園年中になると、バス通りを渡って公園まで行ってしまします。

ユウは年中児4才です。

幼稚園時代の外遊びの時は、
親がついていくべきだと、私は考えています。
一人で外へ出たがりますが、庭まで若しくはゴミステーション(50m位)
までとしています。
それでも、私はビクビクで、何回も何回も外を見ます。
今のこの世の中、怖いですからね。
過保護でしょうかね?

この変な事件が続いている中
3才児を一人で外で遊ばせて、親は心配じゃないのでしょうか?
自転車で、ぴゅーっと道路を渡る、他人の幼児の姿を見ては
ハラハラしている今日このごろのケロ子ママです。
* 21:43 * comments(0) * trackbacks(0) *
オットの友人達
私がオットと結婚してもいいかな、と思ったのは、彼の友人達を知ってからです。
同姓の友達がたくさんいる人で、悪い人はいないと思ったから。

中学時代の野球部を中心とした仲間達で、よく会うのは旭川にいる5名、札幌にいる2名、他にも道外に何人かいます。

GWとお盆には焼肉(バーベキュー)、お正月には飲み会とマージャン。
みんな結婚し、子供ができてからは、全員勢ぞろいで「ドンチャン騒ぎ」は、なかなかできないのですが、それでも機会があると集まっています。
30を過ぎた男性達で、中学からの付き合いが続いているのって、めずらしいと思いませんか?
中学、高校を卒業し、大学、専門学校、就職、とばらばらの道に進み、中には地元旭川から離れ、転勤や結婚(中には離婚)等色々あります。
彼女がいる時は、それぞれ彼女同伴で、結婚してからは奥さん子供も一緒に集います。


私は、オットと付き合ってからなので、10年前から、彼らがまだ20代前半からの付き合いですが、面白いヤツらなのです。
各々個性が強いの。
彼らのことは、これからこのブログでも少しずつ、知ってもらいたいなと思っていいるのですが、どのように書いたら、伝わるかなーと悩んでいます。

その中の二人が、今年から人生の転機を迎えました。
1人は建築士のK君。
K君は建築会社に勤めながら、一生懸命勉強し2級建築士、1級建築士その他にも色々資格をゲットしました。
このたび、親戚から会社を任せたいという話が来て、来月から会社を移ります。
将来はその会社を背負う者として。

もう一人は、福祉の仕事をしているY君。
彼は福祉の大学を卒業し、介護の仕事をしながらこれまた色々資格をゲット。
施設のイベントで、老人達をバスに乗せる事があるからと、大型の運転免許まで取得していました。
「老人福祉施設」を経営している人に、施設長として来てくれないかと誘われ、春から施設長です。

このお正月二人と話したら、とても生き生きしていました。
飲んでおちゃらけたり、愚痴ったり、彼女のことでもめていた時イヒヒの二人が嘘のようです。

オットの友人達、これからもマスマス目が離せません。





* 02:16 * comments(0) * trackbacks(0) *
髪切りました。10ヶ月ぶりに・・・
美容室へ行ってきました。
いつもは、半年に1度は行くのですが、今回はずるずる10ヶ月ほど間が空いてしまい、髪が重いの何の。
いきつけの美容室、ここ6年ほど通ったのですが、1時間1本のバスで20分かかるところまで行くので、今回浮気しました。

歩いていけるスーパー内に、美容室ができたのでそこで・・・。
初めてだったのでどうかしらと思いつつ・・・。
スーパー内にあるので、スタッフはたくさんいるのですが、私の担当者は小太りのおばさん・・・。
もう50代かな?
このおばさん大丈夫?って感じだったのですが
言った通りに、髪を梳いて、ウェーブもしっかりつけてくれました。
今日はちょっとかかりすぎ、サザエさんのような私ですが、いつも2、3日するとちょうどよくなるので、大丈夫だと思います。

近さと安さで合格点かな。

美容室行くとさぁ、人間観察しちゃいますよね。

このおばさん、わりと人気があるらしく、私のパーマを巻き終わると、その後も何人か指名が入り忙しそうでした。
なので、
その後のカラー等は若い男の子がやってくれたのですが、この男の子に対して、冷たい冷たい。

私の首にカラーの色が少しついて、シャンプー後もとれていなかったのです。
そうしたら、おばさんが「ガーゼ濡らしてきて」と言って、首についていた色を拭きながら男の子にぶつぶつ文句言ってるの、男の子も申し訳なさそうに「どうもすみませんでした」って謝ってくるし・・。
「髪で隠れちゃうから別にいいですよ〜たらーっ」と、言ったんですけどね。

おばさん、だから若い子に嫌われちゃうんだよ。
って思いました。

おばさんとしては教育のつもりだったのかもしれないけど・・・、イヤイヤあれはいじめっぽい。
私はそれより、おばさんの垂れ下がった下半身と、ペタペタ腰の落ちた歩き方のほうがよっぽど気になったけど・・。

今年の誓いその2
どんなに疲れていても、
バレエはさぼっても
人前では、背筋を伸ばして歩こう!
* 20:30 * comments(2) * trackbacks(0) *
あいのりのこと書いちゃいます
昨日は「あいのりスペシャル」、ヒデ最終章でしたね。

帰国してしまう人がいる回の時、その人があいのりに合流したときからの映像を流すじゃないですか。
あいのりに合流する時と帰るとき、ほんとみなさんタクマシイく成長しますね。

ヒデも最初は、あんなに不思議少年でしたっけ?
そういえば、前に「浅ちゃん」って男の子もいましたが、彼もずいぶん逞しくなって帰国しましたよね。

旅と言う経験と、人との濃いコミニュケーションが人を成長させるのでしょう。

今、引きこもりにになってしまう、若い子たちがいますね。
やはり、人とのコミュニケーションを億劫がるのでしょうか。

人と接することは難しいことです。
他人は自分と価値観が違うし、それゆえに自分のことを認めてもらえないときもたくさんあります。
価値観のちがう他人に合わせることによって、精神的に疲れてしますこともあります。
たくさん悩みます。
考えなくてもいいこともたくさん考えます。

でも、ある山を越えたときに、成長した自分に気がつくんですけどね。

あいのりはの基本は「恋愛をする」「恋人をみつける」ですが、その目的に向かって「コミニュケーション」するってことの大切を教えてくれます。
みんな一生懸命、自分の気持ち、考えを言葉にしています。
エライです。

ブログをはじめて、自分の気持ちを言葉にする難しさ、痛感しますねぇ。

どのように表現したら、相手に伝わるか。

日々研究です。

ってヒデの話はどうなったかというと。
人間の器があんなに大きくなった彼です。
日本に帰国し、もっともっとたくさんの人と出会って、きっと彼に似合う素敵な女性が現れます。
一緒にいることによって成長し合える、そんな相手が。
* 18:40 * comments(0) * trackbacks(3) *
いい歳して・・・
私とオットは、「あいのり」が好きです。

TVでは、10歳以上も若い男女が好きだのなんだのと言っています。

オットと二人でこの番組を見るたび、自分達の恋愛観にについて話し合います。
って、オットの自慢話が殆んどですが・・・。

この「あいのり」を見ていると、若かりし頃の苦い思い出がよみがえります。
私は、恋愛が下手です。
恋愛が下手っていうか、あの「恋の駆け引き」っていうのが苦手だったんです。
そこまでして、「彼氏が欲しいかぁ」と思ってしまうのです。
好きになった時点で「好き」、直球勝負でした。

友達に好きな人をとられたことありますか?
昔、高校生から20代後半、オットと付き合うまでの間、私はよく友達に好きな人を取られました。
付き合っていた彼を取られたこともあったな。

好きな人って、別に私が勝手に片思いしているわけだから、私のものじゃないしさぁ、彼を取られるのも自分がもてないからそうなると言ってしまえばそれまでだし。
そんなことで、カリカリする器の小さい人間と思われるのもいやなので、そのまま友達付き合いはするけど、
ただ、そういうことする人って、嘘を言います。
嘘っていうか「つじつまの合わない言い訳」
それは、ささいなことだったり、なんか変だなと思ったり
本当に重大な嘘が発覚した時は、「ハッキリ、スッパリ」切りますけどね。

あと15歳くらい若返って、「あいのり」に参加して、「恋の駆け引き」してみたいなぁ。
ちなみに私は、「ヒデ」がお気に入り。(いい歳して・・・しょんぼり



* 10:18 * comments(2) * trackbacks(0) *
人間観察日記なのに・・・
全然人間観察してないですよね。

子供がいて、毎日家で仕事やらネットばっかりしていたら、人間観察どころか人間に会ってなかったりするもの。
たまに、幼稚園ママの愚痴を書く程度・・・。

33歳、子供出産まで会社勤めをしていたのですが、正直人間関係ではあまり悩みはありませんでした。

何故なら、私は冷たい人間だからです。

危険回避能力というのかな、「この人と長く付き合うとロクなことないぞ」と、感じることがあったりするのです。
そう感じたら、人間関係をあっさりばっさり、切り離してしまいます。

付き合いながら観察してたり、遠目で観察しながら、相手が自分に合うのかどうかを評価しています。
特に意識をしていたわけではないですが。
嫌なやつですよね。

でも私は、そんな自分が大好きです。

何故なら
大したトラブルも無く、平和に楽しく今までやってこれたから。

他人がらみでトラブルに合う人って、人間関係を切り離せられないですよね。
いい例は恋愛でしょうけど、「この人とこの関係を続けたら、自分が駄目になる」
と、わかっていても、別れられない人いるじゃないですか。
恋愛は、男女関係だから好きならしょうがないかな?
と、思うこともありますが、そういう人は、女友達にも苦労していますよ。

どうしてでしょうね、
さびしいのでしょうか・・・。
「この人とは合わない」
「私を利用しているだけにしか思えない」
「一緒にいても楽しくない」
そう思いつつ、ずるずる一緒にいるみたいですね。

そんなこと、私にはできないんだよなぁ。
* 11:41 * comments(3) * trackbacks(0) *
| 1/1PAGES |